学生生活

学業との両立、資格の取得、通学時間、、、

いざとなると不安は尽きないと思いますが、

現部員たちも部活動との両立をはかっています。

不安に思う点や疑問点など、

少しでも参考になれば幸いです。

<教職課程・小学校教員教職課程>

将来、教員になることを目指して、教職課程の履修と部活動の両立を頑張っています。

現部員も、中学校(社会科、国語科)、高等学校(地理・歴史科、公民科、国語科)、

小学校教員など教職課程履修者が多くいます。

(本学で取得できる教員免許の種類は、所属学部によって異なります)

<体育会本部委員>

体育会各クラブと連携・協力を行いながら、本学の各クラブの体育会活動が

円滑に進むように「体育会本部」の委員として頑張る委員がいます。

会議や企画運営等、ソフトボールの練習以外の活動も多くありますが、

大学の体育会を盛り上げるために日々頑張っています。

<BKC・OIC(別キャンパス)>

活動場所である原谷グラウンドの最寄りキャンパスは衣笠キャンパスですが、

所属学部がBKC(びわこ・くさつキャンパス)、OIC(大阪いばらきキャンパス)の

学生も、講義終了後、各キャンパスからグラウンドまで来て練習を行っています。

移動時間や、授業の関係で、全体練習に参加できない日は個人練習でカバーし、

主体的に、勉強・部活を頑張っています。

<通学時間・一人暮らし>

大学に寮がないため、「実家から通学」もしくは「一人暮らし」になります。

実家から通う学生の中には、通学時間が約2時間近くかかる学生もいますが、

通学時間もうまく勉強などに利用しています。

一人暮らしの学生も、クラブの仲間や大学の友人と試験前に一緒に勉強したり、

食事をともにしたりと、仲間と協力して両立を頑張っています。

<原付>

活動場所である原谷グラウンドまで、衣笠キャンパスからも少し距離があります。

大学からのシャトルバスや市バスの本数が少ないこと、また授業の空き時間に自由に

グラウンドにあがれるように、部員は基本的に原付を使用しています。

安全運転を意識しながら、時間を効率よく使う工夫も行っています。